写真集「弁造 Benzo」の仕様について

 

今年の春から制作してきた写真集がようやく完成しました。私家版制作ということで、編集はもちろん紙選びから始まった写真集制作ですが、10月に京都のサンエムカラーさんでの刷り出し立会いを経て、ついに完成となりました。

担当いただいたサンエムカラーの吉川和匡さんはじめサンエムカラーの皆さんには本当に頑張っていただきました。

仕様については以下の通りとなっております。

ソフトカバー290mm×230mm/352ページ(糸かがり)

スリーブケース付き

カバー用紙=わたがみ135kg/表紙=GAファイル450kg/本文用紙=b7トラネクスト99kg/見返しNTラシャ130kg

以上の仕様は、352ページの写真集を手にとって見てもらうために、どのようなかたちがいいのかを考え抜いた結果です。手にしたときの重さ、ページに触れたときの感触、カバーを外したとき、本を閉じたときの余韻など、モノとしての質感を大切にし、写真展でギャラリーの白い壁に写真を展示するような気持ちで方向性を決めたシンプルな装丁です。

何より、弁造さんの世界観がにじみ出るように伝わるようにと。実際にお手にとっていただけますと幸いです。